ゲイ、バイセクも受けやすい匿名OK性病検査案内

ゲイ・バイセクは性病感染リスク大!まずは検査を受けよう!

ひょっとして、HIVや梅毒など性病に感染しているのでは!?
不安や心配がよぎったら、早めに性病検査を受けてください。
 
男性の同性間での性病感染が増えています。

 

 

性病はけして特別な病気ではなく、誰でも感染する可能性がある病気です。特にゲイやバイセクで男同士で性行為をした場合は要注意です。コンドームを使わないでフェラした(された)だけでも感染します厚生労働省の統計によると、HIVの新たな感染者の7割強が男同士の性行為による感染というデータがあります。このことからゲイやバイセクに性病感染者が多いことが想像できます。

 

 

性病は感染していても自覚症状が無い場合が多くて、気づかないうちに病状が進行している可能性があります。しかもほとんどの性病は自然に治ることはありません。このため性病は早期発見、早期治療が大切になります。

 

しかし、ゲイやバイセクは性病感染リスクが高いにもかかわらず、その不安や心配を周りに相談できずに一人で抱えこんでしまいがちです。自分の体や将来のために、勇気を出して、まず性病検査を受けましょう。

 

 

検査を受けずにずっと性病の不安や心配を抱いたまま過ごす日々を想像してみてください。
辛くありませんか。

 

ゲイ,バイセク,性病検査,郵送,匿名

私の場合はカミングアウトしていないので、本当に辛かったです。検査を受けてみて結果に問題なければ安心ですし、もし感染が確認されても、それは治療のキッカケが見つかったということで幸運なことです。最悪なのはハッキリさせないまま時間が過ぎ、病状が進行し手遅れになることです。周囲に感染を拡げることもありえます。思い切って検査を受けてみましょう!

 

性病検査はどこで受けられる?

性病検査は、病院や保健所、そして郵送で受けることができます。

 

ゲイ,バイセク,性病検査,郵送,匿名

 

しかし、初めての場合はいろんな理由でなかなか一歩が踏み出せない人は多いと思います。

 

検査のために病院に行くのが恥ずかしい。気が引ける。

検査のことを家族や他人に知られるのがイヤ。

忙しくて検査を受ける時間がない。

何処で検査を受けられるのか分からない。

近くに検査が受けられる病院などがない。

 

こんな人にピッタリな検査はコレ!

ゲイ,バイセク,性病検査,郵送,匿名

郵送による性病検査

 

ゲイ,バイセク,性病検査,郵送,匿名

病院や保健所に行かなくても自宅で、誰にも知られずに病院と同じ精度の検査がが受けられるという画期的なサービスです。自分がゲイやバイセクという素性を明らかにする必要もないので気軽に検査を受けられます。

ゲイ・バイセクが気軽に利用しやすい郵送の性病検査

郵送の性病検査の仕組み

郵送の性病検査は検査会社から「検査キット」を購入し、それを使って自宅などで検査に必要な尿や血液、うがい液などを採取します。そして、採取したものを検査会社に郵送し検査をしてもらい、結果をインターネットで確認するという仕組みになっています。会社や検査項目にもよりますが、通常はキット購入後最短1週間で結果が判明します。

 

 

郵送の性病検査の特長

この郵送検査の特長には大きく次の5つの点があります。

 

病院や保健所に行く必要がないので誰にも会わなくてすみます。

病院や保健所で検査を受けることをためらってしまう大きな原因は、医師や看護師、職員、患者などいろんな人と顔を合わせることですが、郵送検査にはこの煩わしさはありません。

自宅など好きな場所で、自分の都合で検査ができます。

病院や保健所の検査は診療時間中や検査日時に予約をして出向く必要がありますが、郵送検査は好きな場所で時間の空いたときに検査物を採取するだけなので、場所や時間的な制約はありません。忙しくても大丈夫です。

家族などに知られずに検査が受けられます。

郵送検査はプライベートには十分配慮されていますので、他人に知られずに内緒で検査が受けられます。

素性を明かす必要はありません(匿名性)。

検査キットの送付先を郵便局留めなどにすると本名と電話番号、メールアドレスだけで注文できます。検査自体は匿名で行われます。

検査の精度は病院や保健所と同じです。

郵送した検査物は「登録衛生検査所」で検査されます。病院や保健所の検査も受託している施設なので精度に問題はありません。登録衛生検査所が郵送性病検査サービスを行っているところあります。

 

「登録衛生検査所」は、 「臨床検査技師等に関する法律」の基準を満たす都道府県知事が登録を認めた検査施設で、病院や診療所、保健所などから様々な検査業務を受託して検査を行なっているところです。

 

あわせて、郵送の性病検査には次のような注意点がありますので、利用の際は確認しておいてください。

検査できる性病が尿や血液、うがい液などで検査できるものに限られます。

※目で確認したり触診する性病(ヘルペス、ケジラミ症、疥癬など)には対応していません。

血液が必要な検査は自分で採取する必要があります。

※初めは戸惑いが有ると思いますが、難しくはありません。採取は簡単でそんなに痛くありません。

検査にあたっては医師と相談ができません。

検査の結果が陽性だった場合は、病院で再検査や治療する必要があります。

※一部の検査会社では再検査なしで治療が受けられる提携病院の紹介があります。

 

利用しやすい郵送の性病検査会社はココ!(比較)

郵送の性病検査を行っている会社はいくつかあります。基本的な仕組みや特長は同じですが、検査を自社で行う(=登録衛生検査所の直営)が、外部の登録衛生検査所に委託するかという点をはじめ、検査キットの種類やセットの組み合わせ、値段、送料などの取り扱い、営業時間などに違いがあります。

 

会社選びに悩んだら、ホームページの見やすさや内容のわかりやすさ、営業時間、フリーダイヤルの有無、実際の電話やメールの応対など、お客様視点に立っているかどうかを一つの判断基準にするといいと思います。

 

ゲイ・バイセクの「検査キット」の選び方

フェラしたなら「喉」のクラミジア、淋病は必ず!

生でフェラをしたり、フェラさせられたりした場合は、喉に「クラミジア」「淋病」が感染する可能性が高いので、これらは検査項目に入れておきましょう。喉の検査方法には検査会社によって「うがい方式」と綿棒で喉の粘膜を取る「綿棒方式」があります。「うがい」の方が菌を見つけやすいという報告があります

感染者が多い「性器」のクラミジア、淋病も。

クラミジアと淋病は日本人の中で感染者が多い性病なので検査項目に入れておきましょう。

念のためにも梅毒、HIVも。

梅毒、そしてHIVの感染は同性間で多くなっています。不特定の相手と性行為がある場合はもちろん、生フェラ程度でも感染の可能性は全くゼロではないので検査項目に入れておくことをおすすめします。

初めてならの検査なら、セットを利用して幅広く検査を。

郵送検査各社とも、上記の性病をはじめ複数の検査項目をセットにした検査キットが用意されています。初めての検査なら、このセットを使って幅広く性病感染を確認した方がいいと思います。値段も単項目や2〜3項目の検査よりも効率的です。

 

主な郵送の性病検査会社の比べてみました!

最新の情報は各社の公式サイトで確認ください。

 

 

「STDチェッカー」で携帯電話キャリア決済ができるようになりました!

ゲイ,バイセク,性病検査,郵送,匿名

郵送検査の「STDチェッカー」では、検査費用をNTTドコモ、au、ソフトバンク3社の毎月の携帯電話料金と一緒に支払えるようになりました。クレジットカードは使いたくない。でも代引きやコンビニ払いは面倒という人には便利です。詳しくは「STDチェッカー」の公式サイトで確認ください。

 

※「のどセット」は「喉」の「クラミジア」「淋病」の検査がセットになったものです。
※最下段の「セット」はゲイやバイが感染する可能性がある検査項目「クラミジア(性器・喉)」「淋病(性器・喉)」「梅毒」「HIV」「B型肝炎」が含まれているものです。

GME医学検査研究所

STDチェッカー

ふじメディカル

さくら検査研究所

ゲイ,バイセク,性病検査,郵送,匿名

検査は自社

検査は自社

検査は自社

検査は自社

ホームページ◎

ホームページ◎

ホームページ△

ホームページ○

営業時間10:00-19:00

年中無休

フリーダイアル有り

営業時間9:00-17:00

土日祝休み

フリーダイアル有り

営業時間10:00-17:30

土日祝休み

フリーダイアル無し

営業時間10:00-16:00

土日祝休み

フリーダイアル無し

送料無料

送料有料

(メール便は無料)

送料有料

送料有料

代引き手数料無料

代引き手数料無料

代引き手数料有料

代引き手数料有料

再送費用無料

(スタンダードのみ)

再送費用無料

再送費用有料

再送費用無料

郵便局、配送センター留め可

郵便局留めのみ可

郵便局、配送センター留め可

郵便局留めのみ可

結果確認はネット、郵便、電話

結果確認はネット、郵便

結果確認はネット、メール、郵便、電話

結果確認はネット、メール、郵送

喉の採取は「うがい」

喉の採取は「うがい」

喉の採取は「綿棒」

喉の採取は「綿棒」

のどセット5,190円

(ローコスト)

のどセット5,940円

のどセット5,000円

のどセット5,400円

HIV3,440円(ローコスト)

HIV4,960円

HIV3,300円

HIV2,700円

8項目+喉セット15,990円

(ローコスト)

7項目セット15,930円

9項目+喉セット16,000円

10項目セット20,000円

 

▼▼総合的に利用しやすい郵送検査会社はココ!▼▼

各社それぞれ特徴がありますが、総合的に利用しやすい郵送検査会社は「GME医学検査研究所」です。登録衛生検査所の運営ということで、値段や検査の早さにメリットがあります。さらに土日祝、盆も年末年始も関係なく検査してくれるので、結果が早くわかります。実際に利用しましたが、問い合わせの電話やメール対応を含めサービス全体に満足しています。

 

GME医学検査研究所が良いと感じたポイント

 

「登録衛生検査所」の直営。年中無休で検査結果が最速!

検査キットの値段が比較的安く、送料も代引手数料無料!

ホームページがわかりやすい!問い合わせ体制もしっかり。

最低限の個人情報だけで利用OK。郵便局、配送センター留めで家族にもバレない。

喉の検査は「うがい方式」で簡単!

全国に協力医療機関がある!

 

私は自分が性病に感染しているのではないかと一人でずっと悩んできましたが、GMEの郵送検査を利用して、幸いにも感染してないことが判明しました。あなたも同じ悩みなら、郵送検査を利用することで解決できるかもしれません。